豊竹咲太夫

[芸 歴]
昭和28年 8月 豊竹山城少掾に入門 竹本綱子太夫と名のる
昭和28年10月 四ツ橋文楽座において初舞台 演目「伽羅先代萩・御殿」の鶴喜代君政岡は 師 山城少掾
昭和41年 9月 道頓堀朝日座において 初代 豊竹咲太夫と改名「鬼一法眼三略巻・菊畑の段の虎蔵で披露
平成21年 4月 切場(きりば)語りになる(重要な場を語る太夫に与えられる最高の資格)
令和1年 7月 文化審議会が文部科学大臣に重要無形文化財保持者(人間国宝)認定への答申をする

[受賞歴]
昭和42年 3月 国立劇場奨励賞
昭和43年 4月 昭和42年度因協会奨励賞
昭和46年 5月 昭和45年度因協会奨励賞
昭和47年 5月 国立劇場奨励賞
昭和47年 5月 昭和46年度因協会奨励賞
昭和49年 1月 昭和48年度文楽協会賞
昭和49年 4月 国立劇場奨励賞
昭和50年 6月 昭和49年度因協会奨励賞
昭和51年 6月 昭和50年度因協会奨励賞
昭和56年 2月 国立劇場優秀賞
昭和58年 1月 第2回(昭和57年度)国立劇場文楽賞文楽奨励賞
昭和59年 芸術祭奨励賞ラジオ部門
昭和59年 2月 第一回咲くやこの花賞
昭和59年 9月 昭和58年度因協会奨励賞
昭和62年 1月 大阪文化祭賞奨励賞
平成 2年 1月 第9回(平成元年)国立劇場文楽賞文楽優秀賞
平成 7年 7月 平成6年度因協会賞
平成10年 7月 平成9年度因協会賞
平成11年 1月 大阪文化祭賞
平成11年 1月 第18回(平成10年)国立劇場文楽賞文楽大賞
平成11年 3月 芸術選奨文部大臣賞
平成11年 7月 平成10年度因協会賞
平成15年 1月 第23回(平成15年)国立劇場文楽賞文楽大賞
平成16年 3月 平成15年度大阪舞台芸術賞
平成16年 9月 平成15年度因協会賞
平成16年11月 紫綬褒章
平成19年 3月 第28回松尾芸能賞優秀賞
平成19年 4月 第26回(平成18年度)国立劇場文楽賞文楽大賞
平成20年 2月 平成18年度因協会賞
平成21年 6月 平成20年度(第65回)日本芸術院賞
平成23年 4月 第30回(平成22年)国立劇場文楽賞文楽大賞
平成23年10月 第41回エクソンモービル音楽賞
平成24年 1月 第53回毎日芸術賞
平成26年11月 第49回大阪市市民表彰

[著 書]
「咲大夫まかりとおる」(長征社)
「近松門左衛門名作文楽考1女殺油地獄」(尾嵜彰廣 共著 講談社)
「近松門左衛門名作文楽考2心中天網島」(尾嵜彰廣 共著 講談社)

[作曲・作品]
近松門左衛門 作 「隅田川」
近松門左衛門 作 「今宮心中」
三島由紀夫 「鰯売恋曳網」
井原西鶴 「暦」
「高尾ざんげ」

[文楽公演以外の活動]
「義太夫・三味線コンサート」
「桂枝雀」、「永六輔」とのジョイント
NY・アリスタリ―ホールにて「オイディプス」(池辺晋一郎作曲)に出演
ラジオ大阪「咲太夫はんなりサロン」
産経新聞「咲太夫はんなりトーク」連載
東京新聞「コラム風流」連載
読売新聞「咲太夫でんでんばなし」連載
坂東玉三郎氏と二人会
野村四郎氏(能楽師)と二人会
和歌山大学講師
追手門学院大学客員教授 等