豊竹呂勢太夫

[芸 歴]
昭和54年 四代鶴澤重造に師事、義太夫の手ほどきを受ける
昭和57年11月 国立劇場文楽第八期研修生に編入
昭和59年 五代竹本南部太夫に入門、竹本南寿太夫と名のる
昭和59年 7月 国立文楽劇場で初舞台
昭和60年10月 五代豊竹呂太夫の門下となる
昭和63年 4月 豊竹呂勢太夫と改名
平成12年11月 八代豊竹嶋太夫の門下となる

[受賞歴]
平成 3年 1月 平成2年文楽協会賞
平成 7年 1月 第23回(平成6年)文楽協会賞
〃 第14回(平成6年)国立劇場文楽賞文楽奨励賞
平成 8年 7月 平成7年度因協会奨励賞
平成 9年 1月 第25回(平成8年)文楽協会賞
平成11年 1月 第27回(平成10年)文楽協会賞
平成11年 7月 平成10年度因協会奨励賞
平成12年 1月 第28回(平成11年)文楽協会賞
平成12年 2月 咲くやこの花賞(演劇舞踏)
平成13年 1月 第29回(平成12年)文楽協会賞
平成14年 1月 第30回(平成13年)文楽協会賞
平成14年 7月 平成13年度因協会奨励賞
平成15年 1月 第22回(平成14年)国立劇場文楽賞文楽奨励賞
平成15年 1月 十三夜会賞
平成15年 3月 大阪舞台芸術賞奨励賞
平成15年11月 平成14年度因協会奨励賞
平成16年 1月 第23回(平成15年)国立劇場文楽賞文楽奨励賞
平成21年 1月 平成19年度因協会奨励賞
平成21年 4月 第28回(平成20年)国立劇場文楽賞文楽優秀賞
平成24年 4月 十三夜会賞
平成24年 6月 十三夜会賞
平成24年12月 十三夜会賞 年間大賞
平成25年 4月 第32回国立劇場文楽賞文楽優秀賞
平成25年 4月 第17回日本伝統文化振興財団賞