竹澤團七

[芸 歴]
昭和28年 8月 十代竹澤弥七に入門
昭和28年 9月 四代竹澤団二郎を名のる
昭和29年 1月 四ツ橋文楽座にて「寿式三番叟」「壺坂観音霊験記・沢市内の段」のツレで初舞台をふむ
昭和56年 4月 四代竹本津太夫の相三味線となり竹澤団七と改名
「義士銘々伝・弥作鎌腹の段」で披露
(昭和62年9月津太夫の死去まで相三味線をつとめる)

[受賞歴]
昭和46年11月 国立劇場奨励賞
昭和48年 1月 昭和47年度文楽協会賞
昭和48年 5月 昭和47年度因協会奨励賞
昭和50年 1月 昭和49年度文楽協会賞
昭和51年 6月 昭和50年度因協会奨励賞
昭和53年 2月 国立劇場奨励賞
昭和54年 6月 昭和53年度因協会奨励賞
昭和55年12月 国立劇場優秀賞
昭和63年 9月 昭和62年度因協会賞
平成15年 5月 大阪府知事表彰
平成22年12月 平成22年度文化庁長官表彰