技芸員 | 公益財団法人 文楽協会 オフィシャルウェブサイト

吉田和生

[芸 歴]
昭和42年 7月 文楽協会人形部研究生となる
昭和42年 7月 現吉田文雀に入門、吉田和生と名のる
昭和43年 4月 大阪毎日ホールにおいて初舞台
平成29年10月 重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定される

[受賞歴]
昭和56年 8月 昭和55年度因協会奨励賞
昭和62年 7月 昭和61年度因協会奨励賞
平成 3年 1月 平成2年度文楽協会賞
平成 4年 1月 第11回(平成3年)国立劇場文楽賞文楽奨励賞
平成12年 7月 平成11年度因協会賞
平成16年 1月 平成15年度大阪文化祭賞
平成18年 3月 第25回(平成17年度)国立劇場文楽賞文楽優秀賞
平成26年 3月 第64回(平成25年度)芸術選奨文部科学大臣賞
平成26年 6月 愛顔(えがお)のえひめ文化・スポーツ賞
平成27年 3月 第34回(平成26年度)国立劇場文楽賞文楽大賞
平成29年11月 平成29年度 兵庫県文化賞(伝統芸能)
第30回関西・こころの賞(特別賞)

[その他]
大阪樟蔭女子大学非常勤講師