豊松清十郎

[芸 歴]
昭和46年 4月 四代豊松清十郎に入門、豊松清之助と名のる(12才)
昭和49年 4月 朝日座で初舞台
昭和59年11月 二代桐竹勘十郎門下となる
昭和61年11月 三代吉田簑助門下となり、吉田姓を名のる
平成20年 9月 東京・国立劇場において、五世豊松清十郎を襲名
「本朝廿四孝」の八重垣姫で披露

[受賞歴]
昭和52年 1月 昭和51年度因協会奨励賞
昭和60年 1月 昭和59年度文楽協会賞
平成元年 1月 昭和63年度文楽協会賞
平成 2年 1月 平成元年度文楽協会賞
平成 6年 1月 第22回(平成5年)文楽協会賞
平成 7年 1月 第23回(平成6年)文楽協会賞
平成 7年 7月 平成6年度因協会奨励賞
平成 8年 7月 平成7年度因協会奨励賞
平成10年 7月 平成9年度因協会賞
平成13年 1月 第20回(平成12年)国立劇場文楽賞文楽奨励賞
平成14年 7月 平成13年度因協会賞
平成16年 1月 第23回(平成15年)国立劇場文楽賞文楽奨励賞
平成19年 1月 平成17年度因協会賞
平成21年 4月 第28回(平成20年)国立劇場文楽賞文楽優秀賞